トランサミン500mg (トラネキサム酸)50錠

トランサミン250mg(トラネキサム酸)100錠



トランサミンの解説

トランサミンはプラスミンの作用を抑制する医薬品です。
配合されている有効成分のトラネキサム酸は、プラスミンの働きを抑える効果を持って出血を止めるための薬として利用されていました。
プラスミンは血液を溶かす作用があり、これを抑制することで異常出血に対応する薬として開発されたのです。

歯磨き粉に口内の出血を抑えるための成分として配合されることもあり、その安全性の高さは折り紙付きだと言えるでしょう。
風邪の時に喉の炎症を抑えるために使われることもあります。
こうした出血止めの治療薬として使われていたところ、肌がきれいになったという患者さんからの報告によって、改めて美白効果の検証が行われました。
その結果としてプラスミンが、色素細胞であるメラノサイトを活性化させるのが分かったのです。

メラノサイトが活性化することで、シミや肝斑の元になるメラニンが生成されてしまいます。
トラネキサム酸を服用することでプラスミンの働きを阻害することができるので、シミなどが出にくくなるのです。
既に出ているシミに対してもメラノサイトの抑制ができるため、薄くできるという仕組みが検証されました。
そのため現在では出血止めの薬としてよりも、美白効果がある医療薬としての方が有名になっています。

抗炎症作用もあるため肌荒れの防止ができる、という点も美容外科が処方する薬として魅力的な点です。
ただし美容面での効果を期待する場合、1ヶ月から2ヶ月程度は服用し続けないといけません。